WEB予約
電話予約
WEB予約

コラム

コラムCOLUMN

入れ歯は毎日お手入れしましょう〜長持ちさせるために意識したい4つのこと〜

こんにちは。
恵庭市 島松駅が最寄りの歯医者【清水歯科医院】です。
 
入れ歯を使用されている方は、毎日の歯のお手入れとは別に、入れ歯のお手入れも必要です。
そのため、何かと手間がかかると感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
しかし、毎日のお手入れ方法によっては、入れ歯を長持ちさせられるだけでなく、お口や身体の健康にもつながるといったメリットもあるのです。
 
今回は、「入れ歯のお手入れが毎日必要な理由」や、「入れ歯を長持ちさせるために意識したいこと」についてお話します。
 
 

入れ歯のお手入れが毎日必要な理由とは?

一見、汚れていないようにみえる入れ歯でも、ご自身の歯と同じように毎日のお手入れが必要です。
なぜなら、お口の中にはたくさんの細菌が存在しているため、一日を通して入れ歯を使用することで、目に見えない細菌が付着するからです。
 
汚れた入れ歯をそのまま使用していると、入れ歯が痛むだけでなく、むし歯や歯周病、口内炎、誤嚥(ごえん)性肺炎などを引き起こす可能性があります。
毎日のお手入れで汚れをきれいに洗い落とし、入れ歯を清潔に保つようにしましょう。
 
 

入れ歯を長持ちさせるために意識したい4つのこと

入れ歯は硬くしっかりしているように見えますが、じつは思っている以上にデリケートです。
うっかり間違った方法でお手入れすると、入れ歯の劣化や変形につながりかねません。
入れ歯を長持ちさせるためにも、以下の項目を意識してケアを行いましょう。
 

1.水を張った洗面器の上で洗浄する

入れ歯を洗浄する際、シンクに落として破損したり、排水口に流してしまったりするトラブルは少なくありません。
このようなトラブルを防ぐためにも、水を張った洗面器の上で洗うことをおすすめします。
 

2.歯磨き粉で洗浄しない

歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、入れ歯の洗浄に使用すると、入れ歯に傷がつき、細菌が繁殖しやすくなります。
入れ歯専用の洗浄剤、もしくは食器洗い用の洗剤を使用し、流水下でやさしく汚れを洗い落としましょう。
 

3.使わないときは水につけておく

入れ歯は乾燥に弱いため、外してそのまま放置するとひび割れや変形の原因になります。
使っていない間は、入れ歯ケースなどに水を入れ、その中に浸して保管してください。
 

4.入れ歯の洗浄にお湯を使わない

入れ歯には歯科用プラスチックが使用されているため、熱を加えると変形する恐れがあります。
煮沸消毒や熱湯消毒は避けましょう。
入れ歯のにおいや細菌の繁殖が気になる方は、毎日丁寧に洗浄することを意識してみてください。


(出典:厚生労働省-お口を健康に保つためにより) >

 
 

入れ歯を長持ちさせるためには定期的なメンテナンスも大事!

入れ歯を長い間使い続けるには、毎日のお手入れだけでなく、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることも大切です。
入れ歯を使用する中でかみ合わせの部分がすり減ったり顎の骨の形が変化したりして、不具合が生じることもあるからです。
 
恵庭市にある【清水歯科医院】では、入れ歯を製作した後のメンテナンスにも対応し、皆様の健康をサポートしております。
定期的にメンテナンスを受けていただくことで、入れ歯のトラブルを未然に防ぎ、快適な噛みごこちを維持することが可能です。
入れ歯を長持ちさせたいとお考えでしたら、ぜひ定期的なメンテナンスへお越しください。
 
また、当院では、他院で製作した入れ歯の調整も行っております。
当院はJR島松駅より徒歩4分と通いやすい歯科医院ですので、入れ歯についてのご相談やお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。


清水歯科医院へのアクセス >